2/13 (木) DOPPELバンコク展示会「I & I」@ARTERY POST-MODERN GALLERY

場所: ARTERY POST-MODERN GALLERY (シーロム・ソイ19/BTSスラサック駅より徒歩可)
日時:2014年2月13日 (木) 19:00-
ジャンル:展示会、ライブペインティング
参加アーティスト:DOPPEL (日本)、ALEXFACE (タイ)
入場料:無料

昨年12月、MOOSEやBACC、WTFでライブペインティングを行なったBAKIBAKI (山尾光平) & MON  (大山康太郎) = DOPPEL。歴史や文化、神話等にみられる英雄や神々をサンプリングした「アイコニック・ヒーロー」シリーズを見せつけてくれた。

今回は展示会「I & I」。今回の展示では「アイコニック・ヒーロー」が示す、タイ王国にまつわる神々や英雄をモチーフにしたシリーズや、東洋で対極を司る陰陽 ( インヤン) をモチーフにした作品、立体物 (プロダクト) に描画した作品、日本で制作した過去作品等で構成されます。DOPPEL のメインコンセプト「I & I」が示すように、社会でも個人でもない「ふたり」が生み出す即興性やコンビネーションを、これらの展示作品から感じてください。

オープニングの夜はタイを代表するアーティストALEX FACEとのライブペインティングもあり。

ちなみに「ライブペインティングって何?」「何の目的?」と思う人は少なくないかも知れません。『ライブペイントはグラフィティ同様、ストリートアートにカテゴライズされるが、その根底にある違いは“描いているところを見せる” ことにある。グラフィティは違法であるために“見られてはいけない” 場面が多い。DOPPEL 結成当時(2001 年)には、ライブペイントシー
ン自体が知られていなかったために、彼らは自らパーティを企画し可能性を模索してきた。なぜならそこには“皆が集える場” が必要だったから。「バンドがセッションするようにライブペイントする」 – DOPPEL は12 年間に渡る活動の中で、様々な要素/環境から影響を受けているが、その原点はクラブパーティにある。聴衆の熱量やパーティの雰囲気、差し迫った時間をも
エネルギーとして取込み、絵を表現手段にしてステージに立つ、バンドのような絵描きのコンビネーションが彼らの最大の魅力。』

展示会自体は3月8日まで開催ですが、是非オープニングお越しください。今年はバレンタインデーがマカブーチャ (万仏節) で酒販売禁止となるため前日、まさにこの日にロマンチックディナーに出掛けるカップルが多いとは思いますが。

***DOPPEL***

BAKIBAKI (山尾光平) とMON  (大山康太郎) によるライブペインティング デュオ。
2001年、「個人でもない、社会でもないふたりという単位において表現を追求する。」をコンセプトに京都にて活動を開始。 主な活動は、クラブやフェスでのライブペイントから、店鋪や公共物への壁画製作、インスタレーション、 また、SONY、NIKE、TOYOTA、FACEBOOK等さまざまな企業とのコラボレーションなど多岐に渡り、アンダー /オーバーグラウンドを自在に行き来している。
2013 年現在、東京 – 関西を拠点に、日本のライブペイントカルチャーを牽引する存在として注目を集めている。

DOPPEL公式ウェブサイト:http://www.doppel.to/home.html

FACEBOOKイベントページ:https://www.facebook.com/events/484582528314110

DOPPELの主にバンコクで描いた作品が掲載されているこちらも是非ご覧ください。
DOPPEL EXHIBITION IN BANGKOK 2557: https://www.facebook.com/Doppelinbkk2557

ARTERY POST-MODERN GALLERY: 月曜日〜土曜日 10:00-19:00 地図:http://www.arterybkk.com/contactus.html

 

 

Popularity: 1%

関連記事は見つかりませんでした。
Posted by taeko
event, featured - 2014年2月8日 更新


buy cheap viagra online canada"store"viagra pharmacistpcm pharmacy pfizer viagra