DJ HIKARUインタビュー

5月30日に4周年を迎えるmAsa niwayama / NK CHAN / HIROO / QOTAROO によるGIANT SWING。毎月国内/海外からゲストを呼び、最初は客数が少なかったのが、いつのまにかロイヤルファンができ、このパーティーに行けば面白い人達に会えるという社交的にも楽しい場所となり、HIROOが本帰国し、NK CHANが加わり、パーティーは続き、今に至る。4周年というおめでたい記念パーティーを飾るのはDJ HIKARU。インタビュー BY mAsa niwayama、どうぞ。


mAsa:僕自身、沢山の人のお陰があって、今回 GIANT SWINGのANNIVERSARYにヒカル君をバンコクに呼ぶことが出来て、とても興奮しているのですが、ヒカル君自身もバンコクに対して興奮して期待していることはありますか?
HIKARU:海外に行くのもDJするのも 10年くらい前のパリ以来 2回目なので日本以外のアジアの土地や食や文化に触れられるコトに興奮しています。 機会を与えてくれたMASA君ハジメGIANT SWING crewに感謝です

mAsa:バンコクが通ってきたクラブシーンと日本とはもちろん違うとは思いますが、異なる環境・国などの場合、選曲する際に気にしていることはありますか?また逆に気にしないのであれば、その理由を教えてください。
HIKARU:なにしろ日本以外でDJするコトじたいが2回目なのでハッキリどうするとかはナイですが フランスでDJしたトキは 言葉の壁がナイINSTRUMENTALな音楽でなるべく日本産の音楽を中心にDJするコトを心がけてヤリました。しかしソレから10年以上経ち人の声が持つPOWERやメロディーに惹かれているトコロもあるので 今回は歌モノの曲や日本語の曲もかけると思います。 (なるべく歌詞を理解していないモノやバンコクの人がイヤな気分になるような曲はかけないようにできればと思っています) まー、結局は家でウダウダ考えるよりソノ土地に行かないとカケル曲はキメられないのでバンコクに合うレコードが持っていければ 最高です

mAsa: 僕はタイで、特にバンコクでクラブシーンに関わって7年ぐらい経ったのですが、タイの人たちの踊ることに対しての意識は高いのですが、日本のような箱側 のサウンドシステムの設定や従業員のパーティーへの意識が、まだまだ低い気がします。まずこれがパーティーに必要だと言うものがあれば教えてください。
HIKARU:踊るコトへの意識が高いというコトだけでもうバッチリだと思います。 モチロンフロアでハナシもできるし踊るのにジュウブンな音量やクリアな音質を兼ね備えた最高のSOUND SYSTEMのセッティングやお店の居心地の良さ、美味い酒、店員さんのGOOD VIBLES、キレイなトイレ、………と 細かいコトを言えばキリがナイですが、マズ必要なのはソノ場にいる人達の音楽 & 踊るコトへの愛だと思います

mAsa:日本中を1年中飛び回っているヒカル君ですが、最近の日本のクラブシーンの状況や、お勧めのイベント・箱などあったら教えてください。
HIKARU:ココ数年の日本のクラブは戦後に定められ現代に適応していない「風営法」の問題で 国からの締め付けがキツく何店もの名クラブが閉店に追い込まれたり営業時間を短縮させられたりとキビシイ時期だったと思います。最近になってようやく深夜営業の容認など規制緩和の動きが表面化してきてアカルイ兆しがみえてきました。 オススメの箱やパーティーのハナシは自分を呼んでくれる箱やパーティーはそのホトンド全てが自分にとっては素晴らしく、オススメなので 日本全国にイイ箱やオススメのパーティーはイッパイあるというコトになります。 あえてオススメのパーティーをアゲルと自分が沖縄でヤっている ” O.K?TROPICAL GHETTO” 東京の先鋭的なパーティー”BLACK TERROR” 名古屋での “BLACK CREAM” KURANAKA君がヤっている “ZETTAI-MU” 野外パーティーも沖縄での”残波JAM”、”MESSAGE OF LOVE”、鳥取の”SUNLIFE”…… など書ききれないけど 素晴らしいパーティーだらけです

mAsa:今タイや世界に紹介したい日本人アーティストとその理由を聞かせてください。
HIKARU:イイ箱やオススメのパーティーと同様にタイや海外に紹介したい日本のイイDJや素晴らしいLIVE ACTはホントにイッパイいます。DJ NOBU、DJ KENSEI、 KAORU INOUE、FORCE OF NATURE、 EYヨ、KENJI TAKIMI、YA△MA、 GOTH-TRAD、KEZ-YM、 KILLER BONG、OLIVE OIL、O.N.O、 LUVRAW、CRO-MAGNON、 LITTLE TEMPO、SOFT、 ………………… まだホンの一部ですが書ききれナイのでコレで勘弁してください。選らんだ理由は それぞれオリジナル作品を残しつつ コトバのカベがナイINSTRUMENTALなGROOVEでもワールドクラスだと思うアーティスト達だからです

mAsa:今まで影響を受けたアーティストとその理由を聞かせてください。
HIKARU:影響はイマまでもコレからも常に受け続けています。上記のDJやLIVE ACTもそうですし自分のヒーローであるLEE PERRY、KEITH RICHARDS、忌野清志郎、DJ HARVEY、ADRIAN SHERWOOD、…………… やマダ出会わぬ未知の人々からも。理由をコトバで表すのは難しいです。ソノ人物のナニカにグッとキタからかな

mAsa:今後の展望・リリース予定など教えてください。
HIKARU:もうテストプレスはあがっ て来てるのにマダ商品が届かないアル12インチレコード、年に1枚はリリースしているミックスCD、 2009年以降活動休止中のBLAST HEAD、 那覇のDJ MIYASHITAとのNAHAcity feel free 2、 ………………………… イロイロあるんで ナニカしらの動きは常にあると思います

mAsa:それでは今回のタイでのDJ HIKARUを初めて体感しに来る人たちへPRをお願いします!
HIKARU:ハジメマシテ ヨロシクオネガイシマス DON’T MISS IT! DON’T THINK. JUST FEEL!

mAsa:最後に、日本・タイのDUDE読者へ向けてメッセージをお願いします!
HIKARU:日本もタイも安定してるとは 言い難い世の中の状況ですが 逞しく楽しんで生きていきましょう

+++++++++++++++

DJ HIKARU公式ウェブサイト:http://djhikaru.com/
5/30 (金) GIANT SWING 4周年 FACEBOOKイベントページ:https://www.facebook.com/events/322308904584595/

Popularity: 42%

関連記事は見つかりませんでした。
Posted by Masa Niwayama
intervew, アーティストインタビュー - 2014年5月15日 更新
関連タグ:


buy cheap viagra online canada"store"viagra pharmacistpcm pharmacy pfizer viagra