今話題のYOUTUBE「初めてのバンコク」タイ人はクリエイティブだから「イエット」使って何でもファックできるんだ!

先月多くの人達がフェイスブックなどでリンクをシェアしていたビデオ「BKK 1ST TIME(初めてのバンコク)」。タイに3年間在住するアメリカ人の哲学教授へのインタビューで、初めてのバンコク滞在に関する経験を色々なトピックを通じて話してもらうシリーズ。現在ビュー数は2百万を越えてます。今回は「罵り言葉」について。彼は英語で話し、タイ語の字幕が付いている。

簡単に内容を説明すると、『バンコク滞在3年目、モールで友達と会う約束をしていたのに遅刻していて、途中タクシーを拾う際、先に路上でタクシーを待っていたタイ人男性を無視してタクシーを捕まえようとした。そしたら「YOUR FATHER DIED(お前の親父は死んだんだ)」とその人に言われた。「何で自分の父親がもうこの世にいないことを知ってるんだ?!」と驚いた。と言うのも、タイの文化では親を非常に尊うことから、他人を罵るのに、その人の親を侮辱するということを知らなかったから。アソークの学校で英語を教えていたら、生徒らがある子を「ソームチャイ、ソームチャイ、ソームチャイ」と何度もその子の父親の名前を言ってからかっていた。アメリカ(英語)では、「MOTHERFUCKER」と言った罵り語はあるけど、父親を使った罵り語はこれといってない。この一件は斬新だった。』

『タイ語の罵り語は沢山学んだ。好きな言葉は「イエット(英語の「FUCK」と同様)。タイ人はすごくクリエイティブにこの「イエット」を使う。「イエット」の後にはどんな単語でも使えるんだ。イエット+アヒル、イエット+母、イエット+ワニ、イエット+モーターまで!モーターまでも何でもファックできるんだ。』

しかしこの「罵り語」。時々外国人に「日本語の悪い言葉教えて」と迫られるととても困る。「『ファック』みたいに使う言葉は日本語にない」と答えると、がっかりされたり、「日本人はそんな丁寧なのか?」「そんなの嘘だ」と反応色々。でも「馬鹿」はしっくり来んし、翻訳本や映画字幕で見かける「うせろ」はそう使う人は実際いない気がする。「クソ」?日本人は全体的に見て物事を明確に言わないので、「これが罵り語代表だ!」という言葉が思いつかない。皆さんなら外国人にこの質問をされたらどう答えますか?

でも前回日本に帰国した際、中学生の姪が、ものすごく冷たく、吐き捨てるように低い声で「うざ」とか「死ね」を頻繁に使うので(私に対してじゃないが)、本気で腹が立ったし、びっくりしたし、怖かったし、衝撃だった。「うざい」ってきつくて不快な言葉。そう考えると「うざ」、「むかつく」を「相手を侮辱する言葉」として外国人に教えればいいのか?でもそんな言葉をおもしろがって使う外国人増えたら嫌だな。日本人で大して英語話せんくせに、やたら「ファック」使う奴本当に腹立つので(格好良いと思って中指やたら立てる奴も)、逆バージョンでそういう外国人を生み出したくない。

話がそれてしまいましたが、このインタビューを受けている教授はとてもチャーミング。面白いので是非見てみてください。

Popularity: 2%

関連記事は見つかりませんでした。
Posted by taeko
featured, what's new - 2014年4月4日 更新
関連タグ:


buy cheap viagra online canada"store"viagra pharmacistpcm pharmacy pfizer viagra